banner

「NASといえばBUFFALO」でおなじみのテラステーションのデータ復旧事例

banner

テラステーションといえばRAID機能を搭載したNASですが、なぜにテラステーション??なぜRAID??というところからご説明します。
BUFFALOの製品ページを閲覧すると特に目立つのが、RAID5とRAID6ですね。
これは、保存できる容量とデータの転送速度の高速化、保存したデータの安全性を網羅できる、非常に優れたシステムです。
RAID5は保存容量とデータ転送速度重視、RAID6は保存容量とデータ転送速度は
RAID5に比べると若干落ちますがデータの安全性を重視しています。

このRAID5と6は非常に使い勝手はいいのですが、安全性が高いこのシステムでも
やはり壊れるときは壊れます。
これは、形あるもの全てにおいて言えることだと私は思っていますが・・・。
とにかく、万が一、壊れてしまった場合は大変です。
感覚的には複数台のハードディスクを1台のハードディスクとみなしてデータを
保存しているというイメージですが・・・

ここからは、実際の復旧事例を織り交ぜ説明します。

とある法人様よりテラステーションにアクセスできなくなったとご連絡を頂き駆けつけたところ、
ハードディスク5台構成でのRAIDレベルはRAID6でした。
こちらの構成では、5台中2台のハードディスクが壊れてもデータが取り出せると
なっているRAID6ですが、実際は2台壊れてしまうとアクセスできなくなってしまうことが
多いみたいです。
しかも、複雑で普及数が少ないRAID6に対応できる復旧業者が少ないなか、
弊社を選んでいただきました。
これはもう、なんとしてでも復旧をと思い奮闘しました。

技術的な内容は企業秘密となりますが、テラステーションよりハードディスクを取り出し、
特殊な機材にてRAIDを再構成しアクセスを可能にした状態での復旧作業となります。

そして・・・無事にお預かりしたテラステーションのデータ復旧に成功いたしました。

RAIDを組み込んでいるテラステーションは、単純にハードディスクを取り出し、
パソコンにつないでデータを取り出す・・・なんてことをするとRAIDの構成が壊れてしまい
二度と復旧できなくなる危険性があります。
なので、テラステーションに不具合・トラブルがあった際にはすぐに!!弊社にご連絡を。

データ復旧 メディア機器の特徴

こんにちは!
今回はデータを保存する媒体です!
今日はまずSSDについてご紹介したいと思います。
皆様はSSDをご存知でしょうか?
いままでパソコンのデータを保存する媒体はハードディスクが主流でした。
接続方式もIDEからSATAに変わり、データの転送速度も早くなりましたね!
データの転送速度が早いSATAのハードディスクを超えるスピードをを持つ媒体がSSDなのです!
ハードディスクは磁気を帯びた円盤が高速回転してデータの読み書きを行なっていますが、SSDは半導体メモリであるフラッシュメモリを使用しています!
価格としてはハードディスクと比べると高価なものになってしまいますが、その性能に注目していただきたいです!
SSDの特徴といえばなんといってもスピードです!
ハードディスクと比べると規格によっては何倍もの速さでデータを読みこむことができます。
また、ハードディスクが苦手とするランダムの読み書きが速いことが大きな利点です!
ほかにも、読み書き中の耐震・耐衝撃性に強いことや低消費電力・低発熱なこと、ハードディスクよりも高い温度での動作が可能なことなど様々な利点があるのです!
逆に欠点としましては、保存媒体がフラッシュメモリのためデータを保存できる回数が限られていることやファイルが断片化してしまうと書き込み速度が非常に遅くなってしまうこと、
ハードディスクと違い、故障した場合に復旧する技術が確立されていないので復旧に関してハードディスクより劣っていることは確かです。
というのも構造上、たくさんのチップや集積回路が組み合わさってできてるため内部はとても複雑なのです。
また、SSDのコントローラー技術が日々進化していることやコントローラ技術及びファームウェア技術が公開されていないこともデータ復旧を困難にしている原因とされています。
SSDは新しい技術のものなのでそれに対応した復旧方法が確率されておらず、SSDのデータ復旧は取り扱っていないところもあるようです。
ハードディスクはSSDに比べて歴史が長いので様々なデータ復旧の技術が培われており、データ復旧ではメインの媒体として扱われています!
ですが現在ではSSDのシェアが増えていることは確かですので今後SSDのデータ復旧は重要な存在になっていくのではないでしょうか?
パソコン修理のパソコンのお医者さんではSSDのデータ復旧も取り扱っていますので、もしお困りの際はお気軽にご相談下さい!

Copyright(c) 2012 データ復旧コム All Rights Reserved.